2005年05月16日

実際にあったウソのようなホントの話

 実際にあったことなのですが、比較的かるい花粉症の患者さんが、私の友人の耳鼻咽喉科の女医さんをたずねました。

 その女医さんは、頭頚部(ようするにアタマからあご、首筋にかけての部分と考えてください)の、非常にむずかしい手術を平気でやってしまうというすご腕の女医さんなんです。人柄も良いし、患者思いでもあります。

 さて、その女医さんに、診察室で面会した、その患者さんは、思わず、彼女の様子を見て、こういいました。

 「先生、かなりひどくて苦しそうですが、大丈夫ですか?あまり無理しないほうが…」

 実は、その女医さん、自分がひどい花粉症で、眼は真っ赤にはれ、鼻も詰まって苦しそうで、先生自らぶ厚いマスクをして、苦しそうに診察していたんですね

 つまり、自分の方が、患者さんより、ひどい花粉症の症状に苦しめられていたわけです。それで、かるい花粉症の患者さんの方が、思わず、その重症の花粉症の先生に、同情してしまったというわけです。

 えらそうなふりして、自らひどい花粉症であることをかくさないで、花粉症の患者さんの診察にあたる彼女の正直さと腹の据わったところは、逆に感心もしますが、とはいえ、治す指導をする医師の側が、それでは、正直いって、あまりたよりにならない感じですよね。

 こういうケースって、意外に、医療者の側にすごく多いですから、知っておいたほうがいいと思います。

 たとえば、アトピー性皮膚炎にくわしい皮膚科の専門医のところには、当然、アトピー性皮膚炎の患者さんが治療をもとめて来るわけですが、その皮膚科医師のお子さんが、実はひどいアトピー性皮膚炎で、治らなくて困っている、というようなケースはけっこう多いのです。

 こういう医療の現場の現実のパラドクスを知っておくことも、自分や家族に何かあったとき、最善の方法を選択するための知恵のヒントになると思います。



  

Posted by otsukako at 06:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月12日

アルコールにまつわる外科医の名言

 ところで、ふと、思い出したのですが、医者で、とくに外科出身者には、アルコール好きな猛者が多く、驚きますよ。
 また、その発言が、いかにも外科らしくあらっぽい。

 その昔、ちょっと風邪をひき、のどをはらせていたので、ここでアルコールを飲むと、さらにはれをひどくするから、アルコールを控えようと、夕食会の際、外科出身の先生が、こちらのグラスにビールを注いでくれようとするので、やんわり丁寧におことわりしたら、「いやあ、大塚先生、アルコールでのどの消毒をすればいいんですよ!」と、勝手なことをいって注がれてしまいました。もちろん、消毒どころか、翌日、のどがもっとはれて痛みがひどくなり、困りました。本当に外科の先生っていい加減なことを、さももっともらしくいう達人ですね。

 また、あるとき、ある某有名大学医学部外科出身の開業医の先生に、電車に乗るときに、たまたま駅でいっしょになり、何気なく、「なんで外科の先生は、飲んべえばかりなんですか?お酒好きな人ばかりですね?」と聞くと、その先生いわく、「それはねえ…そうやって医者としての良心を麻痺させてるんだよ…」だって!もちろん冗談のつもりでしょうが、「外科医なら、それもあるかも…」と、空恐ろしい真実も感じましたね。

 しかし、それぞれ記憶に残る外科医ならではの名言でした。



  
Posted by otsukako at 21:37Comments(0)TrackBack(1)

2005年05月10日

シンクロニシティー

 3ヶ月ぶりに、神田昌典先生のBlogが今日5月9日に更新され、いつも眼を通していた私は、ひたすらよろこんでいます。それも、なれない初めてのBlog作成にいろいろ悩んだあげく、同じ今日早朝にBlogの初更新をした私は、何かシンクロニシティーみたいなものを感じて、よろこんでいます。
 歴史の70年周期説、非常に興味深く、きな臭い世相の動きに、戦争の訪れを予感させられます。歴史において、きな臭くなって戦争などに巻き込まれる前には、かならず、社会で、節度も限度も知らないエログロナンセンスが氾濫するものです。今の日本が、まさに、そうではないでしょうか。これから、いっきょにきびしい規制ラッシュという逆なことが起こってくると思います。



  
Posted by otsukako at 18:33Comments(1)TrackBack(0)