2011年04月12日

心洗われるようなメッセージと歌5

ある友人のfacebookのおかげで、チェルノブイリ原発事故の現場から3.5kmという近距離で、6歳のときに被曝したウクライナの女性ナターシャ・グジーさんのメッセージと歌を、Youtubeで見つけました。


実際の原発事故を体験した者が語る言葉の重み。


そして、彼女が祈るように、心をこめて歌う「千と千尋の神隠し」の主題歌、「いつも何度でも」。


聞いていて、ただ涙があふれてきました。


こんなに奥深い意味のある歌詞とは、あらためて驚かされました。


これはチェルノブイリとヒロシマをテーマにして、広島の原爆記念日、おそらくは2008年8月6日に放映されたTV番組のようです。


あたかも、まるで今回の原発事故に向けたようなメッセージの内容であり、不安や恐怖におののく福島の避難者の方々をなぐさめ、勇気づけるような歌みたいに聞こえてきます。


皆さんも、是非、ご覧ください。








この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/51767730
この記事へのコメント
胸が苦しくなりますね。
同じ過ちが繰り返されてますね。
Posted by 砂場のTAKA at 2011年04月12日 12:41
5
すばらしい女性であり、その歌声も、歌われている歌の歌詞もすばらしいです。まえから知っている曲でしたが、曲のほんとうの深さをこの女性が体現されていますね。
チェルノブイリの悲劇を6歳のときから生き抜いて来られたこうした人の存在そのものが、ひとつの希望であり、人間の生命力の証しですね。
Posted by 田中晴夫 at 2011年04月12日 18:20
2年ほど前、コンサートでナターシャ・グジーさんのお話を聞きし(こちらの動画とほぼ同じ内容でした)その時に「いつも何度でも」も歌って下さいました。あの時のショックと感動は一生忘れられません。(コンサートの翌日、全く同じ動画をブログでご紹介させていただきました。)

彼女の歌う「いつも何度でも」は、彼女が歌うからこそ、言葉に命が与えられた「言霊」となって、心に強く響くのでしょうね。私もコンサートの時、涙が止まりませんでした。

今、このような時だからこそ、ぜひ多くの方に彼女のお話と歌を聞いて欲しいと思います。これ以上、同じ過ちが繰り返されないために…。
Posted by nagamitsu at 2011年04月13日 02:08
この動画を以前nagamituさんのブログで拝見しておりました。
生かさせて頂いているだけで感謝です。
全てに感謝です。

またこの動画を見させて頂く機会を与えてくださいまして
ありがとうございました。
Posted by akiyama at 2011年04月13日 13:03
5
これは一人でも多くの方に伝えなくてはなりませんね。ありがとうございます。
Posted by tadashi at 2011年04月13日 14:52