2009年02月28日

生命の讃歌 Canto Derra Terra - バリ島の画家 アントニオ・ブランコ氏の天真爛漫なる精神

バリ島の画家アントニオ・ブランコのことは、以前、ブログでも書き、新刊の本でも、ふれた。

彼が書いた絵も、それなりに評価できるが、何よりも彼の生き方そのものが、まさに芸術そのものだった。

彼は、もうこの世にいないが、彼の奥さんや、息子さんとその子どもたち(ブランコ氏にとっては孫)とは、現在も変わらない交流がある。

皆、へんに気取らない、それでいてセンスがあり、気さくで、人なつっこく、実に親切で明るい。そういう家族だ。

いつもバリ島に寄ってたずねるたびに、心から歓迎してくれることはうれしい。

天真爛漫で自由な精神は、自然に家族のDNAになっていくのだろうか。

今は亡きブランコ氏を記念してできた美術館には、いつも流れている音楽があり、その音楽を聴くたびに、天真爛漫なブランコ氏をなつかしく、思い出す。

すると、氏のことを思い出し、涙がこみあげてくるのだ。


流れていた、その音楽がなんという曲であるかを必死に調べて、はじめて知ったのが、世界的に有名なイタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェーリであった。

そして、そのとき、はじめて彼が全盲であることを知った。

そのとき、流れていた曲を、いつかブログの読者にお聞かせしたいと思っていたら、YouTubeのおかげで、それが可能になった。

彼の歌うCanto Della Terra が、あるイメージ映像にまとめられているが、人間の眼が、決意のようなものを暗示しているようで、聞いていて、なんとなく、生きる勇気をもらうような気分になる。




皆さんは、どのようにお感じなられるであろうか。

できたら感想をいただきたい。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/51529148
この記事へのコメント
5
こんにちは。ブログを更新していただきとても嬉しく思っております。ありがとうございます。
そしてこの度は素晴らしい映像のご紹介をありがとうございます。
この曲は身体の奥から何かエネルギーが湧き出てくるような、魂が震えるものを感じました。
いつも有益な情報や素晴らしい情報をシェアしていただき、心より感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Posted by nagamitsu at 2009年06月25日 01:44
ありがとうございます!
Posted by 大塚晃志郎 at 2009年06月25日 23:58