2007年02月27日

末期のがんになっても生き延びる人たちに共通するもの (1)

 このブログは、おもに経営者をそのご家族の健康管理と「命もうけ」の知恵について、目からウロコの情報や発想を、できるだけわかりやすくお伝えするのが目的です。

 ずいぶんと書くのが久しぶりになってしまい、申し訳ありません。ブログの更新手続きに問題がおこり、一時的にサイトの画面が消えてしまい、真っ青になりましたが、すばやく更新をしました。ところが、一向に画面が復活しません。

 Livedoorの電話番号を調べて、さっそく電話をすると、テクニカルな問い合わせは、電話でできない、すべてメールで、といわれ、なんだ、ごうまんなホリエモン時代から何も変わっていないじゃないか、と憤り、どうせ、いつまでたっても返事が来ないんだろう、と開け直りつつ、しかたなくメールで問い合わせをしました。

 ところが、ごうまんな対応の多いIT業界ではありえない奇跡のように、即、返事が来て、すぐに画面を復活してくれたので、私は、とび上がって、ひどく感激。

 担当のLivedoorの荒川さんに、感謝しています。こういうのって、本当にうれしいもんですね。困った時に迅速な対応をしてくれるのは、本当にありがたいもの。

 期待していなかったところに、思いがけない迅速な対処。いくらIT時代といわれても、やはり、こういうヒューマンタッチな対応が人の心を動かすのだと、思いました。医療なんか、とくに、こういうことが大切ですね。

 「いやぁ〜、Livedoorはホリエモンさんがいなくなって、ずいぶん今までよりも、ひと味、うならせてくれるじゃないか…」と単純な私は感激しました。

 でも、よく考えると、おごった対応があたりまえですませているようなIT業界全体の傾向の方がおかしいのであって、カスタマー・サポートの電話受け付けがあれば、即座に解決する当たり前のことでもあります。

 ITを使っているのは、血も涙も出る生身の人間であることを、くれぐれもIT業界は忘れない方がいいでしょうね。人間は、無表情なITおたくロボットじゃないですから。「おごる者、久しからず」ですね。

 さて、非常に興味深い事実として、病院の医師から、末期のがんであると診断され、もう余命があまりない、せいぜい数ヶ月の命、といわれたような患者さんが、そういう医療専門家の予測をはるかに裏切って、長く延命したり、生存してしまうことがあります。

 肝臓に直径8cmくらいの腫瘍がありながら、10年以上生存し、今でも元気で、山登りまでしてしまう、などというがん患者の方も現実にいるのですよ。

 もちろん、人それぞれがんの種類や部位も違いますし、置かれた環境、状況も違います。ましてや施された治療も人によって異なるでしょうから、あまり単純化して考えるわけにはいきません。

 ですが、そういう、末期がんになっても、はるかに予測を裏切って長期生存されたり、がんは今でも存在しながら、それでも10年以上元気に生活しているような人には、どうも、ある共通する特徴があるようなのです。

 さて、それは、いったい何だと思われますか?

 末期がんになっても生き延びる人たちには、どういう共通項があるのでしょうか?

 ここから、いっきょに書き出すと、また怒涛のごとく止まらなくなるおそれがあるので、まずは、私のブログを読んでくださっている方々に、是非、いい機会なので、考えてもらいたいと思います。

 長く書かなかったおわびもかねて、いい回答をしてしてくださった方には、私の本にサインをしてプレゼントします。

 末期のがんになっても、生き延びてしまう人に共通する特徴はなんであるか、皆さんご自身の頭で考えてみてくださいね。

 皆さんのご意見を楽しみにお待ちしております。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/50870236
この記事へのコメント
お久しぶりです。新しく更新されるのを楽しみにしてました。今回のITのサービスに関しては、私もあります。メールだと説明しづらいから電話でしたいのに、お問い合わせはメールで…という事が。ほんと、そういう所増えて困ります。これから高齢者社会がどんどんなっていく矢先に。私達の年代でも大変なのに、最近、年配の方もチャレンジしてインターネットやメールをされる方多くなってきているのに不親切に思えてならないです
Posted by 愛・感謝 at 2007年03月01日 22:40
すみません、今回も書ききれなかったので2通になってしまいました。人が余命を宣告された方が長生きしてしまうのは、その方が、病気により悲観的な気持ちではなく、何か一生懸命になれるものをもっていたり見つけたりして、毎日楽しく生き生きと前向きに生きている人。あと支えてくれる家族や友人がいて、楽しく笑える環境がある人では…と思いますが、どうでしょうか?
Posted by 愛・感謝 at 2007年03月01日 23:34
初めてコメントします。
よろしくお願いします。
(メルマガも拝見しています。)
ガンになっても、生き延びる人の共通項は、「ガンのことをあまり考えずに、残りの人生を楽しもうとした人である」と何かの本で見たことがあります。
僕が思うに、今までの人生に感謝したり、気持ちに大きな変化があった人は、生き延びている人が多いのではないかと思いますが・・・
Posted by ハナポ at 2007年03月02日 12:55
愛・感謝さん、コメントをありがとうございます。

私は、およそ20年ほど前に、ネイスビッツがメガトレンドという書物でいったように、ハイテクになればなるほど、ハイタッチなヒューマンなぬくもりが求められる、という見解に深く共鳴します。

ITは、使いようによっては、高齢者や団塊の世代の方々にもすばらしい夢と可能性を与えるものであるのに、ITの業界は、ただ若い人たちに迎合するばかりで、どことなく無機質な冷たい自分勝手なおごりを感じます。

テレビ業界でも、テレビを見るのが唯一の楽しみであるような、あまり外を出歩けないお年寄りがよろこぶような番組は、ほとんど作ろうとしていませんね。ですから、おっしゃることには、とても共感できます。

がんについてのコメントもありがとうございます。もう少し意見が集まってから、記事で述べていきますので、少々お待ちください。
Posted by 大塚晃志郎 at 2007年03月03日 03:59
ハナポさんも、コメントありがとうございます。

皆さん、とてもいいコメントを出してくださり、うれしく思っております。

もう少し皆さんの意見が集まってから、記事で私が観察し、体験した上での、ことを書かせていただきます。

もう少々お待ちくださいね。
Posted by 大塚晃志郎 at 2007年03月03日 04:02
はじめまして、Iwishです。

生きがいを持ち、なにより生きることをあきらめない人だと思います。
また、そういう方々はみな、最高の笑顔を見せてくれます。

- 神様は乗り越えられない波は与えない -

今日、こちらにたどり着いたばかりです。いろいろと勉強になりそうです。
ありがとうございます。
Posted by Iwish at 2007年03月29日 22:56
Iwishさん、コメントをありがとうございます。

皆さん、とてもいいコメントをなさっているようで、うれしく思います。
海外にずっと出ておりましたので、頭が、すっかり英語や他の国の言語になってしまい、ブログ更新の日本語が、書きそびれておりましたが、近じか、書きます。

待っていらした方々には、お詫び申しあげます。
Posted by 大塚晃志郎 at 2007年03月30日 18:41
はじめまして。
いきなりですが、私も癌です。
長生きする秘訣ですが…
私も考えて見ましたが、やはりクヨクヨしない。ですかね??
ある意味、全てを受け入れ、自分がどうしたいか冷静に考え、自分を見失わないこと??後は余生を楽しむ。
ですかね…??生きることに余り執着しすぎるのも良くないのではないでしょうか…。
私は今そう思ってます。
Posted by cheiko-p at 2007年04月21日 03:06
chieko-pさん、私の勘では、きっとあなたは大丈夫だと思いますよ。

だって、生きると決めてしまったエネルギーのようなものを、いただいた文

の背後に感じますからね。

蔭ながら、応援してます。







Posted by 大塚晃志郎 at 2007年04月25日 01:52