2007年01月03日

あなたが明日まで残したい一番大切なものは何?

 このブログは、おもに責任ある経営者やそのご家族の方の健康管理や「命もうけ」に役立つような知恵や情報を、わかりやすくお伝えすることが目的です。

 おけましておめでとうございます!

 私は、毎日欠かさず腕立て伏せをやるような根性で、ブログ記事を毎日書きつづけていく自信はまったくありませんので、ものぐさながらもコツコツと、書きたいときに書いていくことにします。ということで、本年もよろしくお願いいたします。

 1年の始まりにあたり、とても意味深い寓話がありますので、私のブログを貫く精神とまったく同じ内容を持つものなので、ここにご紹介させていただきます。

 古代の神話からのお話。

 その昔、悪魔が町にあらわれて、人々にこういったそうな。

 「今日から、おまえたちのものをすべて奪い取ることにした。だが、悪魔とて情けはあるので、明日まで残しておいてほしいものをひとつだけ、書き出せ。それだけは、奪わないでいてやる。それ以外のものは一切、奪い去るから、そのつもりで。」

 こういい残して、悪魔はひとまず立ち去った。

 さてたいへん、町の人たちは、てんやわんやの大騒ぎ。

 「おれは金だ。」

 「おれは食いものだけは残しておきてえ。」

 「私は家がいちばん大事だ。」

 「いや、私は宝石よ。」

 「私は、やはり名誉だ。」

 人それぞれいちばん大切と思うものを、あわてて書き出したそうであります。

 皆さんだったら、どうしますか?何を残しておきたいですか?

 さてさて、一夜明けてみると……その町には、なんとたった一人の人間しかいなくなっちゃったそうですよ。

 おわかりになりますか?

 えっ、おわかりにならない?

 その人だけだったんです、紙に「命」と書いた人は。

 金だ、屋敷だ、宝石だ、名誉だ、やれ何だと書き出したほとんどの人が、いちばん肝心な自分の「命」を書き残しておくことを忘れていたわけですね。

 もちろん、金も、家も、仕事も、名誉も、愛も、たしかに大切なことですが、あくまで「命」あってこそ味わえる価値があるもの。

 「命」以外のものは、しょせんは人生の一部でしかないわけで、「命」を失えば、どんなに価値があるものだって本人は味わえなくなる。

 「命あってのモノダネ」とは、先人はよく言ったものだと思います。

 年商およそ600億円を誇るM&Aで急成長した上場会社の創業者と会って話をしたことがありますが、友人の社長たちが、バタバタとがんで倒れていくので、それが心配なだけでなく、ご本人も、もし自分ががんに倒れたら、取引銀行からも、急に冷たくそっぽを向かれるだろう、ということで、とてもがんになることをこわがっておられるようでした。

 私は、志なかばで、あとせめて1年でいいからもっと生きたいと、熱烈に願いがら、それを果たせなかったような、がんなどで亡くなった人たちの無念を、実際にこの眼で目の当たりにして見てきました。だから、この寓話の示す深い意味も、非常に現実味をもってよくわかります。この寓話を紹介したのは、心身統一の哲人、中村天風師であります。

 無念のまま亡くなった人たちの屍を、助けられなかった悔しさに歯を食いしばりながら何人も実際にまたいできたのが私で、私はそんじょそこらのおっちょこちょいな調子のいい健康評論屋じゃありませんもの。

 「命がありさえすれば、他のことは、あとからでもなんとでもなる」ことも、事実としてよく知っています。

 新年なので、自分にも喝を入れてくれる、とても強烈な言葉を最後にご紹介しておきます。

 「あなたが無駄に過ごしてしまった今日は、昨日死んだ人が痛切に生きたかった明日である。」

 実際に、無念のままに死んでいった人を何人も見てきたがために、私のなまけ心に強烈な顔面パンチを入れてくれる言葉です。

 もちろん、別にときどき十分に休息をとってもかまわないと思いますが、無理を承知で、何かにあえて挑戦しようと決意していながら、急にこわくなって逃げたくなったようなときに、この言葉を思い出すと、失敗するかどうかを心配し気にできるだけでも、むしろありがたいことなのだ、と自分に喝と気合を入れることができます。

 皆さんも、この2007年に、どうぞ、この言葉をお役立てください。 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/50820427
この記事へのコメント
新年明けましておめでとうございます。

とても勉強になりました。1月1日から毎日1時間だけ運動することにしました。なんとか3日は続きました。大塚さんのブログを読んで4日目の今日は絶対にやるぞと気合が入りました。毎日続けるのは無理でもコツコツやりたいと思います。自分の命を大切にできない人は周りの人の命を大切にすることはできないでしょう。長く生きることが周りの人の役にも立つと信じて長生きを目指します(笑)。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 増永 at 2007年01月04日 12:13
増永さん、新年明けましておめでとうございます!

さっそくの思いがけないコメント、とてもうれしく拝読いたしました。

増永さんの、宇宙愛に満ちた企業の実現を、心から期待しております。

ご活躍を心からお祈りしております。

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by 大塚晃志郎 at 2007年01月06日 02:25
5
初めまして。今回初めてコメントをさせていただきます『愛・感謝』です。大塚さんのブログは私が『マザーテレサ』に憧れていて、たまたま12月頃ゴットマザーの内容を発見してから拝見しています。私の知らなかった生き方や、西洋医学が元々、自然治癒力を目的にしていたなど…、とても勉強になりました。今回初めてコメントしますが、あまりに、最後の言葉が衝撃的だったので。私も、1日1日を大事に生きていきたいと思ってます
Posted by 愛・感謝 at 2007年01月10日 14:04
5
すみません、文字数が足りなくなってしまったので、2通に分けてコメントさせていただきます。
質問であの 言葉は、どなたの言葉ですか? 教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。
Posted by 愛・感謝 at 2007年01月10日 14:44
「愛・感謝」さん、コメントをありがとうございました。

この言葉が、誰の言葉かは、作者不明です。

ある方が、学生時代、目標はあっても、今ひとつ結果が見えてこなくて、大学の図書館で、ただぼ〜っと過ごしていたときに、そこの館長さんがズバリいってくれた言葉だそうです。

知られざるところに、人生の洞察の達人がいるものですね。

大人はかくある人生の知恵者たるべき。

最近は、若い人よりも、携帯のマナーを守らない、いい年した大人ばかりで、どうしようもない感じで、注意するのも疲れてしまいました。

だから、人生の裏街道を歩いてきた、たくましい細木数子が言う教訓くらいで、涙して感動する低レベルになってしまった。

最近の大人、40代50代60代70代総じて、言うべきときに言えず、叱れない。非常になさけなく、だらしない、と思っています。





Posted by 大塚晃志郎 at 2007年01月12日 10:15
明けましておめでとうございます。相変わらず精力的に御活躍の御様子で、頭が下がります。私も命を一番大切にしていかねばと思います。
Posted by 黒澤絵美 at 2007年01月18日 09:52
黒澤さん、ほんとうにご無沙汰しております。

コメントをありがとうございました。

黒澤さんは、ほんとうにえらいですよ。新しく治療院を実現させたり、本の自費出版をされたり、着実に、しっかり自分の人生を歩まれていますね。

視力がなくとも、本当によく心眼を開き、自力でパソコンを扱えるまでになられました。たいしたものです。

黒澤さんの熱意、探究心には、心から頭が下がります。

心から拍手を送り、応援しています!
Posted by 大塚晃志郎 at 2007年01月22日 08:25
今年もよろしくお願いいたします。

大塚先生のBLOGを読むと、何故か、亡くなった父(父は医師ではありませんが)が常々話していたことを思い出してしまいます。
健康についても、父の考え方は統合医療に近い考え方だったのだと理解できるようになりました。

迷ったり、悩んだりした時の道しるべとして、時々訪問させていただきます。
Posted by happy at 2007年01月22日 14:45
happyさん、コメントをありがとうございます。

医師は、やたら病気の知識を暗記させられますし、また、そうしないと、医師国家試験に通らないわけですから、かえって、病気の本質や、生命の本質について、根本から自分の頭で考えることができなかったりします。

人間社会での価値判断は、もっと大きな自然とか生命とかいう価値判断とは、まったく関係がないことがあります。

よって、職業、肩書き、身分、年齢、学歴等、まったく関係なく、生命の世界をしっかり洞察できる方は、できるし、たとえ、東大やハーバード大を出ても、そういう知恵を洞察できない人はできないのですね。

博士号なんかを持っていても、いわゆるintellectual idiot(知識バカ)といわれる阿呆もたくさんいます。

ですから、お父様のように医師でなくとも、洞察できる人はできるのです。

お父様の御霊によろしくお伝えください。

Posted by 大塚晃志郎 at 2007年01月22日 19:15