2006年09月04日

自然が生み出した「あなた」という想像を絶する驚異の奇跡

 このブログの目的は、おもに社長さんなどの経営者とその家族の健康管理と「命もうけ」に役立つような知恵を、わかりやすくお伝えし、よりよくのびのびと生きていただくヒントにしていただくことです。

 おもしろいデータを見つけました。

 ここに一人の人間がいるとします。

 日本の男性で、身長は165cm、体重は60kgといたしましょうか。

 この人の体から、たった1個の細胞を取り出してみます。

 1個の細胞の中には、核がありますね。

 その核の中には、染色体があります。

 その染色体の中には、DNA(デオキシリボ核酸)が存在し、その人の遺伝情報が、そこにすべて入っているわけですね。

 ところで、そのたった1個の細胞の中にあるDNAをすべて1本につなぐと、どれだけの長さになるか、ご存知ですか?

 たった1個の顕微鏡でなければ見れないような小さな細胞ですよ。

 1cm? 5cm?それとも10cmくらい?

 とんでもねぇです。そんな小さなたった1個の細胞の中には、なんと2mもの長さにもなるDNAがぎっしり詰まっているんであります。

 じゃあ、人間一人の細胞は、全部でおよそ60兆個といわれていますから、60兆すべての細胞を足して、そのDNAを1本につなげば、どうなります?

 ひえ〜〜〜!! な、なんと、1200億kmもの長さ!!太陽系の直径の約8倍になってしまうそうな。

 地球から月までの距離が38万4000km、地球から太陽までの距離は1億5000万km、太陽系の直径は、150億kmだそうです。

 それよりヒト一人の生命の中に絶妙なまでに凝縮されたDNAを1本につないだ長さのほうが、はるかに長いとは!!

 これには、あらためてぶったまげたし、腰を抜かすほど驚嘆しました。

 太陽系よりも長い1200億kmにもなる一人の人間のDNAは、ただめちゃくちゃに無秩序に詰め込まれたのではなく、60兆もの細胞の中にあって、信じがたいほど絶妙にその秩序と調和を保ち、ひとつの生命体のダイナミックなバランスとコントロールを見事に行なっているのですから!

 いったい、誰がこのような奇跡のようなシステムを作ったのでしょうか?

 自然が、そういう生命体を作り出したとしかいいようがない。

 なぜ??なんのために??
 
 わからない。 

 そういう一人の人間の存在というものは、まさに「宇宙」そのものとしかいいようがない。 

 この世に生まれてきた人間ひとりひとりが、それぞれ本当に信じがたい「宇宙」なんですね。 

 ちょっと、そこのあなた。

 会社のやりくりのことや夫婦喧嘩のことなんかで、もういちいち悩んだりしていられないんじゃないですかい?

 なんせ、ご自分は、実は太陽系よりでかい奇跡みたいな存在なんですぜ。

 そうです。

 あなたは、厳然たる事実として、自然が生み出してくれた偉大なる奇跡としかいいようがない。


 You are the Nature's Greatest Miracle! 

 Congratulations ! おめでとうございます! 

 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/50689729