2006年05月09日

細胞の生まれ代わるスピードは、信じがたい驚異

 このブログは、おもに経営者とその家族の健康管理と「命もうけ」の知恵を養うのに役立つような、目からウロコの情報や知恵をわかりやすく、お伝えするのが目的です。

 実は、私もよく知らなかったので、あらためて驚いたのですが、人間の体での細胞の生まれ代わりの速いこと、速いこと!

 あらためて、生きている力、生命力のすさまじい力に、この世のものとは思えないような自然の知恵のはたらきを感じてしまいます。

 人間の体は、約60兆個もの細胞からできているが、細胞の新陳代謝たるや、神の奇跡の技としか思えないものですよ。

 たとえば、小腸は、血液ではたらく免疫系とはちがう、γδ(ガンマー・デルター)T細胞群という免疫のはたらきが活発なところであるが、そのせいか、小腸には癌ができない!(この事実を知っていましたか?この事実をきょう知っただけで金一封を包む価値がありますね。)

 その小腸では、なんと1秒間に170万個の細胞が生まれ替わるとのこと!

 すっすごい!たった1秒間にですよ。

 そして、小腸の栄養吸収細胞は、1,500億個もあり、24時間で生まれ替わっている!

 胃の粘膜細胞は2〜3日、肌の細胞は約4週間で入れ替わる。

 こういうすさまじいまでのスピードで細胞の新陳代謝が自動的に行なわれている事実! あなた自分の意思でやってますか?無理ですよね。それじゃ、いったい誰が自動的にこんな見事にやってくれているですかい?

 生命の世界では、知らないところで刻々すごいことが起きているんです。まさに、何か大いなる力に生かされているとしかいいようがない絶妙な仕組みがそこにはたらいている。

 こういう不思議な力にいつも守られているのが、われわれの生命の現実。

 たとえ、病気になったからといって、すぐに弱気になって愚痴をこぼすなど、この驚異的な生命の力の再生能力、復元力を知らない、バチあたりなことではないですかいな?病気をしている事実があるなら、そこにすでに治るヒントがあるということ。

 自分自身が、絶妙なまでに生かされている自然の驚異の仕組みをもっともっと信頼したいもの。

 だって、あなたは自然が生み出した「生命」という、奇跡としかいいようがない驚異の現象なんですから。

 皆さん、この世に運良く生まれてきたこと、今生きていること、おめでとうございます!いやあ、よく考えてみると、ほんとうに生きているって、毎日が奇跡、毎日が誕生日ですぞ! Congratulations !



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/50532428