2006年03月24日

ダメ押し花粉症対策の決め手「急がば回れ」

 このブログの目的は、おもに経営者とその家族の健康管理と「命もうけ」の知恵を養うために、目からウロコの情報や発想を、わかりやすくお伝えすることにあります。

 とうとう花粉症の症状が出てきて、不快で困るという人が多く出てきました。

 もう花粉症については、ことしは、この3月に2回も書いています。

 でも、ここで、もうひと押しのダメ押しとして、究極のコツを書いておきます。

 それは、あまりにシンプルに思えるので、なめて考えると、うまく花粉症の症状を和らげません。ところが、このシンプルなところが重要なんです。この肝心なところをおさえないから、いくら薬をたよっても全然症状がおさまらない。

 ポイントは3つだけ。

 1.体内環境を、できる限り食生活と自律神経をととのえることによって、よりベターな環境に変える。

 2.その上で、自分の体質に合った抗酸化作用のあるサプリメントを摂る。

 3.鼻や眼の洗浄を、2%の自然塩入りのほうじ番茶でまめに行なう。


 くわしくは、3月に書いた花粉症についての他のブログをじっくり何度も読んで、できる限り実行してみてください。徹底すればするほど、結果が出ます。

 からだの方からいつもとちがう変化をおしえてくれます。

 からだの内なる治るクスリと、そのバランス回復能力を最大限に生かすのが、一番です。「急がば回れ」が、実は速くて確実な近道です。

 単に症状を無理やり抑えようとする強引でわがままな対症療法では、アレルギーなどは、生命力の強い人ほど害が出てきます。

 しつこいようですが、あの有名な金融・経済の専門家の木村剛氏までが、花粉症と知り、このまま黙って見過ごすわけにはいかなくなって、また書いています。

 やればやるだけの得があります。

 ただし言っておきます。

 たとえば、アルコール性肝炎の人は、肝臓が飲みすぎで炎症をおこし、いわばカチカチ山になっている状態ですから、アルコールを摂りながら、それを治そうというような、あまりに虫のいいことは不可能です。それと同じようなことが花粉症にも言えます。

 火に油を注ぐようなことをしていて、火を止めることはできません。自然の法則に反するようなことをしていて、症状を良くすることはできません。

 借金を抱えた人が、無理にいっぺんに返済できないのと同じです。

 からだに抱えた借金も同様。

 体にたまってしまったものを、いっぺんに手っ取り早く1回で返せはしないのです。

 だから、「急がば回れ」で、根本から体内環境を変えていかないと、効いてこないのです。

 どうやら、金融の投資でも、健康管理でも、「急がば回れ」が、けっきょく、より安全でもっとも効率が良さそうですね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/50458771
この記事へのトラックバック
皆さん、こんにちは。木村剛です。「大塚晃志郎の、経営者とその家族のための健康管理
[ゴーログ]王道はシンプルなものである【週刊!木村剛 powered by ココログ】at 2006年03月29日 09:57