2006年01月26日

なぜ、インフルエンザに抗生物質は無意味なのか?

 このブログの目的は、主に自分が倒れるわけにはいかない責任ある経営者と、それを支えるご家族の方の健康管理と「命もうけ」の知恵について、わかりやすく目からウロコの発想や情報をお伝えしていくことにあります。

 インフルエンザに抗生物質は、なぜ無意味なのか?

いろいろなコメントありがとうございました。あいだが空いてしまって申し訳ありません。

 ズバリ、非常に簡略化してわかりやすく申し上げますね。

 抗生物質が、通常、なぜ効くかといえば、おもに細菌(ばい菌)の増殖を防ぐからです。それは、なぜかというと、細菌には、かならず細胞膜がありますが、ようするに、抗生物質が、それを溶かしてしまうんで、自己増殖ができなくなるんであります。だから、抗生物質は、細菌性の病気には、大いに役に立ちます。

 ところが、インフルエンザの原因は、ウイルスであり、細菌ではありません。実は、ウイルスは、細菌と全く違っていて、それ自体で生きているとはいえないもので、ちょうど生物と無生物のあいだに位置する「生き物もどきの物質」でしかありません。ただのRNAやDNAをくるんだたんぱく質や脂質のかたまりでしかないのです。

 ですから、ここが肝心なところですが、ウイルスには、細胞膜がありませんし、いくらエサをやったとしても、ウイルスが、それ自体で自己増殖することはないし、できないんですね。

 もともと細胞膜を溶かすから、細菌が自己増殖できなくなって効くのが、抗生物質なのですから、もともと細胞膜のない、生きているとはいえないウイルスに、抗生物質を使っても、まったく無駄で意味がなく、かえってその副作用だけの影響が残るだけです。

 こういう当たり前の知識を持たないで、インフルエンザに抗生物質を出すような医者に意見できない大人も、自らの命に対して勉強不足ですから、その責任もありますね。だから、インフルエンザでも、どうせわからないだろうからと、大人に対してむやみに抗生物質をちゃっかり出して保険の点数を稼ぐ医者は、「小やぶ」医者といたしましょう。こういう医者からは、すぐに見切りをつけて逃げ出し、大いに口コミで「あの医者はやぶだ」といううわさを、どんどん巷にばらまき被害を防ぎましょう。

 とにかく知恵を持ち、かしこくなることです。

 子供のような、まだ体が成長の途上にあり、体の免疫系が学習中であるのにもかかわらず、無知で不勉強な母親をだまし、子供のインフルエンザに、平気な顔して抗生物質を出して、保険の点数を稼ごうとするような小児科医は、子供のデリケートな体を害するだけでなく、相当のワルですから、「大やぶ」医者です。

 こういう医者は、母親たちが賢く結託し、口コミで、あの小児科医は、「大やぶ」医者で大うそつきだから、ゼッタイに皆で行かないようにしようと回覧板をまわして廃業に追い込むか、子供のインフルエンザに抗生物質を出されたことにより、子供の病状が悪化したような場合は、その事実をきちんと記録に取り、いい弁護士と組んで訴訟を起こし、どんどんそういう「大やぶ」医者を訴えて、ブタ箱にぶちこんでやりましょう。

 幼い子供の体に、インフルエンザだからといって抗生物質を出すような医者の行為は、立派な犯罪ですから、容赦はいりません。どんどんブタ箱に送り込みましょう。 

また、お年寄りの高齢者の方々に、医者のいうことには素直だし、どうせわからないだろうから、と必要以上に、あれこれ山のように薬を出す医者がいます。まるで、未知の生体化学実験です。こういう医者も、ちゃっかり熱があるからなどといって、インフルエンザに抗生物質を平気で出しかねません。ですが、長年、人生を生きてきて、そういう医者の言うがままに疑問を持たないで従うだけなのも、あまりに賢くないので、本人にも責任があります。こういう医者は、「中やぶ」医者でしょう。こういうずるがしこい医者も、ブタ箱に放りこんでやるべきでしょう。

 近所の実例ですが、風邪をひいて診察を受けに来たのに、まったく意味のない直腸の検査をあれこれされ、そういうまちがった診療がもとで、肺炎になり、それをこじらせ、大病院に入院するはめとなり、そのまま帰らぬ人になってしまったという、ひどい医者の実例をまじかに知っています。高齢の方です。そういう最悪の「大やぶ」医者のところへ、何も知らぬ無知な若い母親が、自分の小さな子供を連れて、子供の風邪の治療に通っていたことには、背筋がぞっとしました。けっこうあるんですよ、こういう例が。

 もちろん、ごくまれに良心的ないい医者もいますから、そういう医者は、はっきり、無知な母親に向かって、「インフルエンザに抗生物質は効きません。かえって害がありますから、お出しできません。」と諭します。そういう思わず拍手したくなるような医者もいるんですね。

 とにかく皆さん、なんでもお金で買えると豪語していたホリエモンさんが1000億円出してもゼッタイ買えないのが、「人の命」です。人の命を平気で害する医者は、容赦なく、どんどんブタ箱に入れてしまいましょう。脱税よりも罪が重いと、私は考えています。

 皆さん、とにかく賢くなりましょう。「大やぶ」「中やぶ」「小やぶ」の医者に対しては、人の弱みにつけこんだ詐欺師と同じですから、断固たる姿勢でのぞみましょう。1000億円出しても買えない、みなさんの、かけがいのない子供たちの命がかかっているのですから。

 実は、このウイルスが、細菌とは全く異なるものであることをしっかり理解することが、効果的な予防の決め手になります。

 マスコミでも、世界保健機関でも、ウイルス性の病気を、まるでコレラかペストと同じような細菌性の伝染病であるかのような報道をして、むやみに人の恐怖心あおっていますが、私は、それは、あまりにも幼稚で実に愚かなことであると思っています。

 マスクをしたって、細菌よりはるかに小さい微小なウイルスは、マスクなど簡単に通過してしまいますよ。ウイルス除去率95%以上とかうたっているマスクがありますが、いったい何を根拠にそういっているのでしょうか?ウイルスを通さないほどなら、水蒸気を持つ口からの息だって通りませんよ。マスク制作会社と専門家がつるんだまことしやかなウソとしか思えませんね。

 細菌学の初歩の初歩すら、理解できていないような発言ですから。

 皆さん、まことしやかな専門家のウソにだまされず、とにかく賢くなりましょう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/otsukako/50350032
この記事へのトラックバック
・ライブドア堀江貴文氏逮捕  23日夜ライブドア社長堀江貴文氏が流説流布の疑いで逮捕  粉飾決済の疑い、不正な株取引などの全容解明が待たれます
ライブドア堀江貴文社長逮捕/ホリエモンブログの名前変更【今話題の情報を集めています。】at 2006年01月26日 23:25
この記事へのコメント
大変参考になりました。
毎年、子供が幼稚園で風邪をもらってきたり、主人が通勤で風邪をもらってきたりで、この季節はかなりナーバスになっています。参考にさせて頂きます。でも、お医者様にはいいにくいですよね。もらって、飲まないようにするのがいいかなと思っています。
Posted by 湯河原の梅林 at 2006年01月27日 09:16
コメントありがとうございます。

そうですね、子供を守るために、相手よりも、したたかなくらいたくましく賢くなることが一番ですね。
Posted by 大塚晃志郎 at 2006年01月27日 17:08