2005年06月27日

アレルギーとがん

 花粉症を含めたアレルギーは、むしろ免疫系のはたらきが過敏に異常にはたらきすぎて反応している状態と考えられますね。

 一方、がんは、本来なら細胞ががん化したときに、免疫系の監査機構がしっかりはたらいて、それを消滅させてしまうのに、それが、うまくはたらかないで、一個のがん細胞ができてから、肉眼で確認できるまでの大きさになるまで10年以上も放置してしまった状態をいいます。すなわち、何の症状もないまま進行します。この時点で、すでに免疫系がうまく反応せずはたらいていない(免疫不全)状態を示しています。

アレルギーと対局にあるのが、がんともいえます。

 さて、不快な症状が出るのは、たしかにいやなものですが、症状が体の外に出てくれる病気と、症状がまったくあらわれないまま、知らず知らずのうちに進行して、気がつきたときは、すでに手遅れになっているような病気は、どちらがましなのでしょうか?

 無自覚・無症状のままにいつのまにか進行していく病気は、こわい。

 まだ体が過敏にでも反応して症状が出ている方が、病気としては軽い。

 ということは、アレルギーが出てくれているおかげで、がんにかからずにすんでいるのかもしれませんよ。




   

Posted by otsukako at 22:57Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月24日

みなさんの花粉症対策の事例をおしえてください

 そうそうBlogをときどき読んでくださっているみなさんに、いずれおたずねしようと思っていて、つい忘れてしまったことがあります。

 もう花粉症が流行したシーズンは過ぎましたが、自分がこういうことをやったら、花粉症のこういう症状に対してこんな効果があった、というような事例がありましたなら、是非、おしえてください。参考にいたします。

 コメント欄にでもいいですし、私のところに直接Eメールを下さっても結構です。

 どんなやりかたであっても、ある程度、今までずっと申し上げてきた原理・原則にかなっているならば、それなりの効果があるはずですから。

 やっと少しずつ不器用な初心者ながら、Blogに慣れてきましたので、インタラクティブな試みを少しずつ増やせていけたら、と思います。

 私のメールアドレスは、otsukako@alles.or.jp です。
皆さんからのオリジナルなやりかたのお知らせを楽しみにしております。



  
Posted by otsukako at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月23日

生体をとり巻く環境

 今日は、本来のテーマに戻って書きます。

 いままで、どちらかというと、体の内側の環境の問題を、免疫系のはたらきを自律神経系と血液という切り口から洞察してきたわけですが、私たちは外部の環境に適応しながら生きているのですから、生体を取り巻く環境の影響も、単なるひとつの要因だけではなく、複合的なものとして考えてみる必要があると思います。

 花粉症の例にせよ、今年は花粉の量が多すぎる、というような要因も指摘できるわけですが、そのようなことが影響を強く与えてしまうような下地として、大気汚染などの外部の環境の影響も同時に考えてみる必要があります。

 生体はいつも外部の環境の影響を受けています

 たまたまこのBlogを読んでくださったTVプロデューサーの方がお便りをメールでくださいましたが、その方も、ひどい花粉症で、病院をいくつもまわっても、全然よくならないし、医師の説明にも納得がいかなかったそうです。

 その方がいうには、排気ガスなども含めて、生体をとり巻く環境が悪化し、とくに空気の汚染の問題が、前提として、すごく影響を与えているのではないか、と考察されていましたが、そのとおりだと思います。

 タバコの害がよく問題にされますが、タバコの煙いっぱいの部屋にいても死にはしないが、車の排気ガスを車のなかに引き込んで窓を閉じたままでいれば、よく一家心中などの自殺の手段に使われることからも、わかるように、死んでしまいます。ということは、車の排気ガスは、タバコの煙より毒性が強いのかもしれませんよ。

 そういう空気がとくに都市には集中してあふれているのですから、いつもそういう空気に触れている鼻のなかの粘膜や、目のところの粘膜や、気管支のなかの粘膜が、知らず知らずのうちに、いつのまにかやられて、非常に弱くなっているということも考えられます。そこに、花粉が来れば、弱った粘膜に症状があらわれるのは自然なこととも考えられます。

 中国は、今、経済の急成長を自慢していますが、その環境汚染たるやひどいもので、上海などに行くと、昼間で晴れているのに、高層ビルの上半分が、ひどいスモッグで覆われていて、まるで曇りと変わらないような状態で、大気汚染など、まったく対策がなされていません。

 上海にしばらく滞在すると、いままでなんともなかったのに、のどがどうもいがらっぽくなってきて、ひりひりするような感じで、ちょっとしたことで咳をしやすくなったものでした。のどと気管支の粘膜がやられて弱くなっているということを実感したものです。

 上海中医学院大学院で本格的に学んでいる日本人の中医師に聞いたら、たしかに大気汚染のひどさもあってか、呼吸器系の疾患の患者が多いとのことでした。

 こういう状態なら、すでに気管支の粘膜が慢性的にやられているのですから、それほど強くないはずのウイルスであるはずなのに、SARSが、上海を含めた広東省を中心に流行ったのも無理はないな、と思いました。

 いずれ環境汚染が野放しになったままの中国から、ウイルス性疾患を中心にさまざまな奇病が生まれてくるような気がしています。人間が新たな病気を自分で作り出していっているといっても過言ではありません。

 季節にともない変化する自然環境にうまく適応するべく調整できていた私たちの体は、ここ数十年で、暖房や冷房の機械にたよりすぎるようになり、私たちの自律神経は、そういう人工的な環境の変化に適応してついていくのがたいへんになってきているようです。悲鳴を上げているのかもしれません。

 そのあらわれとして、ここ10年位前から、自律神経失調がからんでいる病気が、ダントツに増えてきたように思います。

 「自然に従う者は栄え、逆らう者は滅ぶ」とは、ある哲人の言葉ですが、口から入るものを含めて、鼻から入る空気の問題等、生体に多大な影響を与える環境にも、やはり目をむけ、そのうえで、また、自分たちの健康や病気の問題を根本からとらえないと、本当の解決にはならないのだと、問題の根の深さを感じます。症状を無理矢理抑えるばかりの対症療法で、花粉症が治らないのは、当然のことといえるかもしれません。



  
Posted by otsukako at 14:27Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月22日

国際情報への感覚

友人にメールを出しました。その内容を元に、少し先回書いたことの説明になる友もいますので、すこし内容を書き直して、下にまとめてみました。本来のテーマからは、脱線しますが、すこしおつきあいください。

私は、今タイ北部の都市にいますが、エコノミーホテルに泊まっても、世界からのTVやケーブルTVが、部屋にいながらにして見れます。

自分の部屋に居ながらにして見れるチャンネルは、タイTV7局、マレーシア1局、香港1局、中国4局、台湾1局、インドネシア1局、シンガポール1局、インド1局、日本NHK他2局、米国5局(CNN. Fox News, ABC, etc.)、英国BBC1局、ドイツ1局、フランスTV5−1局、イタリア1局、UAEドバイ1局、オーストラリア1局、その他と、タイの田舎都市にいて、なんとアジア・欧米・オセアニア16カ国の計30放送局以上にのぼります。

ちょっとチャンネルをまわすと、いやでも、アジアの中の日本、そして、世界の中のアジアを感じます。ひえ〜本当に、いろいろな人種・国があるものだな〜、とあらためて実感します。意識が違ってきます。

東南アジアの華僑エリートたちは、自宅でも会社でも、このくらいのダイレクトな欧米、アジア、中近東などの世界各国の情報に、あたりまえのように毎日シャワーのごとく情報を浴びています。毎日の世界の多様性やめまぐるしい変化の中で、彼らは国を超えてビジネスを考えますから、まったく、自分の国での内輪のことばかり考えていて世界がちっとも見えていない多くの日本人とかなり事情が違います。また、そうしなくては国が隣り合っているような世界では、サバイバルできないのかもしれません。

個人で強く、横のつながりで、グループでも強いのが華僑で、したたかでものすごく頭がいいユダヤ人でも、その中に深く入り込むのは困難とされていて、世界中にネットワークを持っていますね。

華僑おそるべし、と、ときどき感じます。また、皆、あたりまえのように道具として英語を使い、その他にも数カ国語を使います。あたりまえにやっているところがすごい。

昨年の米国大統領選のとき、私は、今と同じ場所にいたのですが、すでに大統領が決まったニュースを見た後に、NHKをこちらで見たら、なんと1日古い情報を元に、まだ接戦でわからない、などという解説をやっていたので、そのタイムリーな国際情報へのあまりの対応の遅さに、あきれかえり、国際先進国といわれてる日本のマスコミの国際情報への対応能力が、この程度のおそまつさでは、本当に、穴があったら入りたいぐらい、恥ずかしくなりました。

日本人として誇りを持ちながら、国際的対応がしっかりできるグローバル・プレーヤーとして活躍できる日本人が、これからしっかり育ってほしいものと熱望します。





  
Posted by otsukako at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月18日

今、タイにいます

 ごぶさたして申し訳ありません。

 海外出発前後のときは、いろいろ準備や段取りに忙しく、まとまった時間をかけて書きにくい状況になりますので、ご理解いただけますよう。

 今、タイに来ています。タイという国とのおつきあいは、もう16年にもなりますが、米国と違い、どこか、ほっとする国です。

 とはいえ、現場を知らない方々は、まだ、タイが、東南アジアの発展途上国の未開発の国のように思う人も多いのではないか、と思いますが、とんでもないことで、インターネットにせよ、海外からの国際情報にせよ、日本より、情報が、ある意味でずっと早く、世界から入ってきて、世界のダイナミックな動きを、日本にいるより、はるかに生々しく実感します。

 国際情報にもっとも疎い国際的田舎者は、いつも海外に出るたびに、日本だな、とよく感じます。今、国際的に話題になっていることが、日本で、新聞に取り上げられるのが、それより1週間遅れ、などということが、実によくあり、驚かされるものです。

 日本の大手マスコミが、あたかも皆で談合してつるんで、国際情報のうち、どれをいつ国内に流すか、馴れ合いの話し合いで決めているかのようです。

 日本にいると、世界の激しいダイナミックな動きが、なぜか、実感として伝わってきません。国際情報の精神的な鎖国のように感じてしまいます。

 もともと国際会議への参加や、タイ伝統医学の調査で、タイという国と縁が深まったわけなのですが、東南アジアの真ん中に位置する、交通移動にも文化的にも、いろいろなものがクロスするインターセクションとして、タイを拠点にアジアを動き回ることができます。

 いろいろ時間のあるときにまた書きます。



  
Posted by otsukako at 20:45Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月05日

からだという自然環境をうまく整えること

 今まで、花粉症対策として、身近なモノや知恵を使っての対処法について、述べてきましたが、たとえ、他のアレルギーであれ、原理原則は、実は同じなんです。

 ひとことでいえば、からだという、ひとつの自然環境を整えることに尽きます。

 そのためのポイントとして、

1.体内環境の負担を軽くし、これ以上、汚さないこと。

2.自律神経系のバランスを、自然の体内リズムに合わせて整えること。

3.粘膜をこれ以上弱めるようなことはやめ、粘膜の掃除と強化をはかる。

4.自分の体質に合った、抗酸化作用のある食物やサプリメントを摂る。


このようなポイントに集約されます。

実は、テクニックなど、このような原理・原則にかなっているものなら、なんなりとありうるわけです。

さあ、あと一息の、決め手のサプリですが、いわゆるガラの悪い、たいした勉強もしないで、ただもうかるから、という理由で消費者に健康食品を売りつけている、どうしようもない健康食品業者があまりに日本に多すぎるので、具体的には、特定したくないのが本音です。

だって、そういうせこい連中の売るためのネタになるのは、非常にいやですから。

ただ、あえて花粉症に困っている人たちだけのために申し上げれば、タマネギ、緑茶、紅茶、リンゴなどに比較的多く含まれているとされている、ケルセチン(Quercetin)という成分に、とくに抗酸化作用と抗炎症作用があると米国で注目されてきており、あくまで生活習慣を整える努力をした上で、これをサプリメントで補助的に摂れば、非常に効果が期待できることは、お伝えしておきます。抗酸化とは、からだの細胞のサビ落としに役立つものとお考えください。

日本の頭の悪いサプリメーカーは、やたらと他の成分をむやみに加えて売ろうとしますが、できれば、単独成分のシンプルなサプリが一番良いと思います。

あくまで、基本の原理原則を守ることを心がけ、今後の花粉症が流行るシーズンに、このBlogを思い出し、このサプリをおためしあれ。

米国でNo.1の人気のある、私の友人でもあるアンドルー・ワイル博士もすすめているサプリです。

私がお伝えした簡単そうなことが、本当に効くかどうかは、花粉症の症状に本当に困っているような人が、まじめに実際にやってみれば、はっきりわかるはずです。

ただし、利益率のいいサプリを売れば、おいしくもうかるぐらいの認識しかないアタマのレベルの低い業者ばかりが90%以上をしめるかもしれない日本の健康食品業界関係の方々は、ゼッタイ、サプリを売るネタに、このBlogの内容をを使わないように、お願いするとともに、そういう利用の仕方をはっきりおことわりすることをここに警告として申し上げておきます。



  
Posted by otsukako at 00:13Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月02日

花粉症対策の復習とまとめ

 さあ、身近な花粉症対策の知恵をご紹介し、それぞれについて説明してきましたが、一見簡単そうに思えることでも、ひとつひとつわかりやすく説明すると、けっこう長くなるものですね。

 ずいぶんと長くなったので、最初に書いた花粉症対策のポイントを、ここに、復習としてくりかえしておきます。

 すでに花粉症に悩まされていた知り合いや友人たちから、身近な花粉症対策についての感想をメールでいただきましたが、たしかに、いちいち花粉症が悪化したときに思い当たるところがあり、たいへん参考になったとの、感想があり、とてもうれしく思いました。

 体験しないと、なかなか分からない世界。だから、何度もくりかえしておきます。

花粉症への身近なものを使った効果的な対処法

 タ閥瓩埜果のある花粉症緩和のための手当ては、さました「水分に対して2%程度の量の少量の自然塩」をパラパラと加えた「ほうじ番茶」(黄色い緑茶じゃなくて、煮出すと茶色っぽい方ですよ)で、眼のかゆい場合は、小さなコップ一杯に満たした表面に眼をつけて、眼をパチパチやって洗う。

 くしゃみや鼻づまりなどは、片方の鼻を指で押さえて閉じて、もう一方の鼻の中にズズーッと、そのさました「少量の自然塩入りほうじ番茶」を、すすって洗う。別に鼻の奥まで通さなくていい。それぞれ、ほどよく粘膜を引き締めて、炎症をおさえてくれる。もちろん、熱いお茶でやっちゃだめですよ。

 これを毎日やる。できたら1日数回。

◆ヂ臈┐蓮花粉症が出ているときの、アルコール(ビール、日本酒、ウイスキー、ワイン、焼酎など、すべて)。アルコール類は鼻や眼の粘膜を弱めて症状をひどくしますから、ひかえないと症状は悪化します。

 また、女性に圧倒的に多い乳製品(ミルク、ヨーグルト、チーズ)の摂取は、とくに日本人がアレルギーになる大きな原因のひとつです。

 それから、玉子と肉などの動物性脂肪・蛋白質。花粉症の季節には、これらを徹底的にひかえてみましょう。

 だいたい細身なのに、ひどい花粉症などという女性は、まず乳製品をいつのまにかかなり摂っているはずですよ。

 これらを一時徹底してひかえると花粉症の症状は、けっこうやわらぎます。これらの背後には、深い深い理由があります。いずれ、アレルギーとはどういうものかについて、眼からウロコかもしれないお話をするときに書きます。

.また、睡眠不足、夜更かしは、自律神経を弱め、疲労させ、一種の自律神経失調症をひきおこします。 

 そのことが大きな原因の土台となってアレルギー症状を誘発・促進します。ですから、なかなか多忙の中むずかしいこととは思いますが、ご多忙でも、まずは不快感から少しでも脱却するためには、覚悟を決めて、できるだけ早く眠りにつき、たっぷり十分な睡眠を取ることが肝心です。


 さあ、この条件を整えたら、あと一息。これに、自分の体質に合った抗酸化作用(Antioxidant)を持つサプリメントを毎日摂れば、かなり花粉症の症状がラクになるか、かるい花粉症なら、見事、症状が出なくなりますよ。

 この内容については、次回、書きます。

 実は、花粉症のことについて述べながら、アレルギー全般の本質についても、ふれていること、読み取ってくださいましたでしょうか?

 近く、いよいよアレルギーの本質について、ズバリ眼からウロコのことをお伝えいたしましょう。



  
Posted by otsukako at 06:53Comments(0)TrackBack(0)